*

便秘は忘れたころにやって来る。摘便(てきべん)

【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

303

食事のせいか?ホルモンバランスか?

現在40代の主婦です。女性にしては、それほど便秘体質ではないとは思うのですが、食事のせいなのかホルモンバランスのせいなのか、時々自分としてはありえないほどの便秘に苦しむことがあります。ほとんどの便秘が突発的に起こるので、対処のしようもないのですが、その場でどう便秘と向き合ったか、思い出しながら書いてみようと思います。

今現在よりも30代後半の頃が一番便秘になることが多く、ただ出ないで日数が経過するだけならまだいいのですが、何日か出さないでいたあと、出したいのに出口でつかえていて出すことができないという状態が、一番悲惨な経験でした。
イチジク浣腸で柔らかくできる時には、それで解決できるのですが、それを使ってもただ水分が出るばかりで、肝心の物が出てくれないときには、大変苦しい思いをしました。もうどうにもならない時には、自分としてできる、最後の手段を2回ほど使ったことがあります。

イチジク浣腸でもだめな時、最後の手段は摘便(てきべん)

それは、「摘便(てきべん)」という行為で、簡単に言えば、自分の人差し指などを自分の肛門に差し込み、指で便をほじり出すという行為です。この行為についてご存じない方は、こんな話を聞いて、大変驚かれると思います。しかし介護職についている方や看護師の方などには、ごく一般的な行為のようで、この話をすると、ああ摘便(てきべん)のことね、とすんなり話が通じます。

このどうにもならなかった2回の摘便が、自宅で行われたので何とかなったのですが、これがもし外出先で行わなければならなかったら、いったいどうしたらいいものかと、考えてしまいます。
自宅では、やはり自分の指を汚したくありませんので、少し考えたあげく、サランラップを指に巻いて、処置してみました。このようなことは、インターネット等で事前にやり方を調べることができたら良いのですが、いざトイレに入ってみないと、自分の便秘の重症さ加減がわからないので、気づいた時にはもう手遅れ、方法もへったくれもないので、自分で考えて出すしかないという状況でした。

自分で摘出することができましたので、そう重症な便秘に入らないかもしれないとも思いまして、先日実家の父が、土曜日の晩から便秘で苦しくてどうにもならず、翌日に休日診療にかかり、出ない便を何とかしてもらったと言っていました。父も70を過ぎて高齢なので、素人の行う摘便では、出せなかったのかもしれません。

食生活を整え、適度な運動、薬を飲む。それでもだめなら医療機関で治療を受ける

便秘そのものに話を戻しますが、やはり最初からひどい便秘にならないのが一番なので、便秘の基本、食生活を整える、適度な運動をする、便秘傾向の人で薬を処方されている方は忘れずに飲む、といったことが大事な注意事項になるのでしょう。
一年中便秘の方は、常に便秘を警戒し、便秘にならないように気をつけていると思いますが、私のように、普段は何ともなくても、何かのきっかけで、急にとんでもない便秘に襲われる方も多いのではないかと思います。

「便秘は忘れたころにやって来る」と、自分でも標語を作りたくなる感じですが、日頃から便秘の備えをして、いざという時には勇気を出して摘便、それでもだめな時には、恥ずかしがらずに医療機関で治療を受けてもよいのではないかと思いました。

スポンサーリンク


【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

関連記事

トイレに行く時間がなくて、産後・育児中は便秘でした!

産後の便秘…いつの間にか一週間も出ない 40歳の主婦です。 最初は気にしていかなかったのです

記事を読む

便秘解消には魔法の言葉。「ウンチで〜る、ウンチで〜る」

便秘になるとお腹は張り、食欲は減退、顎に吹き出物。 30代半ばの男性です。 毎日満員電車で通勤し

記事を読む

小学校から大学までずっと便秘でした。

下剤と切れ痔。 便秘に悩んだことが無い女性って、いるのでしょうか?多くの女性と便秘の話をしてき

記事を読む

効き過ぎた センナ茶。

ダイエットが便秘の原因 私が便秘を気にするようになったのは30歳を超えてからだ。 20代まで

記事を読む

食生活や水分摂取量、腸内環境を改善する要素を取り入れた生活をルーチンにしています。

便秘は肌荒れや肥満の原因 ちょっとした生活習慣のズレや環境の変化ですぐに便秘を起こしてしまう3

記事を読む

便秘には切れ痔がついてくる。

便秘に切れ痔が付いてくる。気絶するほど悩ましい? 42才の自営業を営んでいますが、便秘は子供の

記事を読む

紅茶とたっぷりの朝食、楽しいウォーキングで便秘解消。ありがとうロンドン!

小学校からずっと便秘。ストレスが原因? 35歳の女性、主婦です。 私は小さい頃…ほぼ小学校低

記事を読む

牛乳・ヨーグルト・プルーンで便秘体質が改善しました。

ウォーキングと食物繊維 私は35歳の女性、介護士をしています。私は出産をきっかけに仕事をやめて

記事を読む

ヨーグルトと整腸剤を持って母が駆けつける。

夢のキャンパスライフのはずが、ストレス便秘。 現在会社員をしています25歳です。便秘になったの

記事を読む

食生活の見直しが重要。腸内環境を改善するのは発酵食品。

一人暮らしを始めたら、排便リズムが不安定に。 26歳、女性、会社員です。小さいころからどちらか

記事を読む

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸

便秘には毎日1個のアボカドで、自然なお通じ。

ダイエットを機に便秘 31歳の専業主婦です。私はもともと快便体質

急性の下痢と慢性の下痢…。対応と食事。

。 下痢の症状は便秘と逆? 確かに、下痢の症状は便秘と逆ですが、下

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になります

便秘には、水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。

水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。 これだけネッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑