*

食べないダイエットが失敗するわけ。

【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

40

食べないダイエットが失敗するわけ。

痩せるためにご飯を食べない。食事の量を極端に減らすと、そもそも便になるものが不足して、便秘になります。ある程度の量を食べないと、便も作られないということです。さらに、便秘によって腸の動きが鈍くなると、基礎代謝が落ちて太りやすい体質になります。なぜか、結果として太ってしまうという状態です。食べないダイエットが失敗するわけは、これです。もっと健康的にダイエットをしましょう。

下剤で痩せることはできません。

若い女性が痩せたいために、食べたものを下剤を使って、大量に排せつするという方法です。下剤を規定量以上に飲んだりするようですが、これはダメです。無理やり下剤で腸を動かすことをずっとやっていると、腸がきちんと動かなくなって、逆に太りやすくなります。薬のせいで、腸の粘膜が炎症を起こしたり、下剤がないと排便できなくなったり、良いことは何もありません。腸をいじめないでくださいね。

便秘がなおると太らない。

日ごろから、腸内細菌のバランスを考えた食事、便秘に有効な食事を摂っている人は太りません。たとえば、野菜・くだもの・海藻などの食物繊維も低カロリー、ヨーグルト・キムチ・納豆などの発酵食品も低カロリーです。腸も喜び、善玉菌も増えます。生の野菜やくだものには、酵素がたっぷり含まれていますし、水分を摂って、軽い運動を加えればパーフェクト。便秘に有効な食事は究極のダイエットフードですね。

スポンサーリンク


【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

関連記事

大腸の健康は腸内細菌で決まる。

全身の免疫機能の約60%が腸に集中 便秘になると、免疫力が落ちたりします。便秘になるかならない

記事を読む

トイレに座って5分以上いきむのはアウト? 

トイレが長いと・・痔になります。 うちの主人はトイレが長いんです。早くて10分、長い時は15分

記事を読む

急性の下痢と慢性の下痢…。対応と食事。

。 下痢の症状は便秘と逆? 確かに、下痢の症状は便秘と逆ですが、下痢の原因や対応は便秘と重なるこ

記事を読む

老化防止と寿命をのばすHappy遺伝子。日野原重明先生の食習慣。

104歳になられる日野原重明先生の食習慣。 聖路加病院の日野原重明先生をご存知でしょうか。今も

記事を読む

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸に弱い大腸菌や病原菌の繁殖を抑

記事を読む

弛緩性便秘(ちかんせいべんぴ)と、直腸性便秘

大腸の動きを活発化して、弛緩性便秘を解消しよう 常習性便秘のうち、弛緩性便秘は腸管の緊張が低下

記事を読む

善玉菌を増やす…食物繊維とオリゴ糖 

善玉菌のエサとなる、食物繊維とオリゴ糖は3食必ず摂りましょう。 便秘には食物繊維! とよく言わ

記事を読む

腸内細菌のバランスを整えよう。

美しい便はデトックスの原点。腸内のバランスを整えよう。 いつまでも便を腸内に溜めておくと腐敗が

記事を読む

腸が元気になる食材は、水分・食物繊維・良質の油。

腸を元気にする3つのポイント ★1 水分 1日 1.5~2リットルは飲み切ってしまいたいもの

記事を読む

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になりますね。便秘が続くと血液中の毒素が

記事を読む

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸

便秘には毎日1個のアボカドで、自然なお通じ。

ダイエットを機に便秘 31歳の専業主婦です。私はもともと快便体質

急性の下痢と慢性の下痢…。対応と食事。

。 下痢の症状は便秘と逆? 確かに、下痢の症状は便秘と逆ですが、下

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になります

便秘には、水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。

水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。 これだけネッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑