*

離乳食を始めたころの赤ちゃんの便秘。子どもの便秘を予防するには。

【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

152

子供の便秘は昔より増えている?

運動は腸を活性化するので、外で活発に遊ぶことが減った現代っ子や、食生活が欧米化したことによって、便秘の子供さんは増えているように思います。お母さんは子供さんの便秘を見過ごさないように、ときどき排便チェックをしましょう。コロコロ便になっていないか、排便時にひどくいきんでいないかなどです。

離乳食を 始めた頃と、トイレトレーニングの頃に便秘になりやすい。

原因がはっきりしない便秘も多いようですが、離乳食を始めた5~6ヶ月ころに便秘になる原因は、ミルクや母乳不足の場合があります。赤ちゃんが、少しの離乳食でもお腹がいっぱいになった気がして、ミルクや母乳を飲まなくなることがあるためです。また、トイレトレーニングの時期は、失敗したときお母さんから怒られるのが嫌で、排便を我慢してしまう子供さんもいるようです。さらに我慢をつづけていると、便が溜まることに慣れてしまい、便意が起きにくくなります。そうすると、溜まった便が硬くなって、排便時に痛くて我慢してしまうという、悪循環になってしまいます。

「すっきりうんちBOOK」の日誌を活用しよう。

お子さんの排便日誌を記録するとよいでしょう。NPO法人日本トイレ研究所の「すっきりうんちBOOK」に日誌のひな型が掲載されていて、http://www.toilet.or.jp/health/q_and_a.html からダウンロードできますので、活用してみてください。

1歳未満の赤ちゃんの便秘には。

赤ちゃんの便秘には、綿棒の先にベビーオイルをつけて滑りやすくしてから、肛門に1cm位入れて、肛門の淵の内側をゆっくり2~3周すると、刺激されて、溜まった便が出やすくなります。

子供の便秘の予防するには。

やはり予防策は大人と同じで、早寝・早起きや規則正しい食事。そして適度な運動です。食事では、豆類・根菜類・海藻などの食物繊維をたっぷり食べることと、ヨーグルト・納豆などの発酵食品。麦や玄米などの雑穀類など、バランスのとれた食事が大事です。
それでも便秘の状態が続くようでしたら、小児科を受診しましょう。

スポンサーリンク


【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

関連記事

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸に弱い大腸菌や病原菌の繁殖を抑

記事を読む

善玉菌を増やす…食物繊維とオリゴ糖 

善玉菌のエサとなる、食物繊維とオリゴ糖は3食必ず摂りましょう。 便秘には食物繊維! とよく言わ

記事を読む

腸が元気になる食材は、水分・食物繊維・良質の油。

腸を元気にする3つのポイント ★1 水分 1日 1.5~2リットルは飲み切ってしまいたいもの

記事を読む

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になりますね。便秘が続くと血液中の毒素が

記事を読む

便秘には、水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。

水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。 これだけネットで何でも情報が検索できる時代

記事を読む

弛緩性便秘(ちかんせいべんぴ)と、直腸性便秘

大腸の動きを活発化して、弛緩性便秘を解消しよう 常習性便秘のうち、弛緩性便秘は腸管の緊張が低下

記事を読む

自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

こんにちは。管理人のmorimoです。便秘をすると、肌荒れ・吹き出物や、お腹がパンパンになって苦しく

記事を読む

食べないダイエットが失敗するわけ。

食べないダイエットが失敗するわけ。 痩せるためにご飯を食べない。食事の量を極端に減らすと、そも

記事を読む

老化防止と寿命をのばすHappy遺伝子。日野原重明先生の食習慣。

104歳になられる日野原重明先生の食習慣。 聖路加病院の日野原重明先生をご存知でしょうか。今も

記事を読む

トイレに座って5分以上いきむのはアウト? 

トイレが長いと・・痔になります。 うちの主人はトイレが長いんです。早くて10分、長い時は15分

記事を読む

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸

便秘には毎日1個のアボカドで、自然なお通じ。

ダイエットを機に便秘 31歳の専業主婦です。私はもともと快便体質

急性の下痢と慢性の下痢…。対応と食事。

。 下痢の症状は便秘と逆? 確かに、下痢の症状は便秘と逆ですが、下

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になります

便秘には、水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。

水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。 これだけネッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑