*

便秘が悪化しない、市販の便秘薬・下剤のじょうずな使い方。 

【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

31sp
私は、ずっと下剤に依存していましたので、「じょうずに使えていなかった」ことになります。最初は出ない時だけ飲んでいましたが、いつの間にか毎日飲み続けるようになってしまいました。しかも、10年以上もずっと・・・。

下剤を飲むのは悪いこと?

便秘になると、すぐに下剤を飲んでしまう人、下剤を毎日飲む人、「下剤はくせになるから絶対飲まない」と、苦しくてもガマンしてしまう人。あなたはどのタイプですか?自然なお通じが一番良いというのは、頭では分かっているはず。下剤はどうしても使いたいとき、いろいろ試してもダメで最後はやっぱり下剤に頼るしかない。というときに使うのが良いと本当に思います。

何度も繰り返しますが、食物繊維を毎食摂るとか、適度な運動をするとか、ストレスを溜めないとか・・・お腹のためにいいことをキチンと習慣にしましょう。そもそもダイエットで、食事の量が少なかったり、お菓子やパンばかりの偏った食事をしていると、便そのものが作られないわけですから、便秘になりやすいのは当然のことです。下剤は根本的な解決にはなりません。

要するに、下剤は使い方です。市販の薬を間違って使い続けると、さらに便秘が悪化します。便がどうしても出ないで、苦痛な時に排便を手伝ってもらうという感覚です。普段から便秘に良い食事、効果のある運動など、やるべきことをやってから…ですね。

どんな下剤を用いますか?

24

下剤とサプリメントの根本的なちがい

乳酸菌などのサプリメントは、毎日続けることで健康な腸を維持しますが、下剤は出すための一時的な手段にすぎず、お腹の環境が改善されるわけではありません。下剤が悪いということではなく、根本的に用途が違うわけですね。

サプリメントって、どうなの?

たとえば、ヨーグルトや発酵食品を毎日キチンと摂れるか?というと、摂ろうと思って頑張れば摂れるでしょう。ただ、サプリメントのように飲むものが決まっていて、簡単に摂れるのであれば有効に使いたいですね。サプリメント=補助食品という割には、高い位置にあるように思います。個人的には、下剤は使い方しだい。サプリメントは積極的に取り入れたいところですね。乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖・水溶性食物繊維などの成分はお勧めできます。

スポンサーリンク


【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

関連記事

老化防止と寿命をのばすHappy遺伝子。日野原重明先生の食習慣。

104歳になられる日野原重明先生の食習慣。 聖路加病院の日野原重明先生をご存知でしょうか。今も

記事を読む

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になりますね。便秘が続くと血液中の毒素が

記事を読む

弛緩性便秘(ちかんせいべんぴ)と、直腸性便秘

大腸の動きを活発化して、弛緩性便秘を解消しよう 常習性便秘のうち、弛緩性便秘は腸管の緊張が低下

記事を読む

便秘は病気じゃないし、大丈夫。

便秘は万病のもと 便秘は万病のもとと言われ、放っておくといろいろな病気を起こします。 1.便

記事を読む

【あなたの腸は何歳ですか?】腸の若さを診断!

こんにちは。スッキリ!便秘解消の管理人morimoです。こちらでは、「簡単にできる腸の若さチェック」

記事を読む

便秘解消の食事は、健康になるための食事療法!

腸が元気なら、身体も健康 私は、10年以上ずっと下剤に依存してきましたから、何とか自然なお通じ

記事を読む

腸が元気になる食材は、水分・食物繊維・良質の油。

腸を元気にする3つのポイント ★1 水分 1日 1.5~2リットルは飲み切ってしまいたいもの

記事を読む

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維。乳酸菌とオリゴ糖。

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維 便秘と食事は大きな関係があります。私は食事を改善したおかげで、

記事を読む

食べないダイエットが失敗するわけ。

食べないダイエットが失敗するわけ。 痩せるためにご飯を食べない。食事の量を極端に減らすと、そも

記事を読む

弛緩性便秘、直腸性便秘、ストレス性便秘。

女性の二人に一人は便秘の症状 何日も出ない。なかなか出ない。毎日出るのにスッキリしない。お腹が

記事を読む

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸

便秘には毎日1個のアボカドで、自然なお通じ。

ダイエットを機に便秘 31歳の専業主婦です。私はもともと快便体質

急性の下痢と慢性の下痢…。対応と食事。

。 下痢の症状は便秘と逆? 確かに、下痢の症状は便秘と逆ですが、下

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になります

便秘には、水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。

水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。 これだけネッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑