*

善玉菌を増やす…食物繊維とオリゴ糖 

【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

318

善玉菌のエサとなる、食物繊維とオリゴ糖は3食必ず摂りましょう。

便秘には食物繊維! とよく言われますが、意識して食べ物を選ばなければなりません。「お腹いっぱいになれば何でもいい」というわけにはいかないのです。1日に摂りたい食物繊維の量は20gという事ですから、ごぼう・にんじん・さといも・キャベツ・こんにゃく・ブロッコリー・ほうれんそう・しめじ・えのき…などを取り入れて3食しっかり食べたいものです。

実はオリゴ糖も3食必ず摂りましょう。と言われていますが、ごぼう・じゃがいも・キャベツ・玉ねぎなどの野菜にもオリゴ糖が含まれていますから、食物繊維とオリゴ糖が同時に摂れてしまう野菜はいいですね。果物ではバナナ・りんご・ぶどうなどにも含まれますし、納豆や豆腐・味噌・しょうゆなどの大豆製品にもオリゴ糖が含まれます。知らない間にオリゴ糖も摂れているのかもしれません。

食物繊維プラス水。

食物繊維は毎食とりたいのですが、摂りかたに注意しないと逆効果になることがあります。「たくさん食物繊維を摂っているのに、それでも出ない…」という人もいるようですが、それは食物繊維の摂りかたが原因です。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類がありますが、その種類に応じた摂りかたをしないと、便秘を悪化させてしまう場合があります。

水に溶けず水分を吸収してふくれる、玄米やオートミールや豆・かぼちゃ・ごぼう・きのこなどの不溶性食物繊維は水分といっしょに流れるものです。ですから、水分が不足すると便が硬くなってしまって、便秘が悪化します。食物繊維を摂るときには、必ず水もセットでとりましょう。水やジュースのほか、みそ汁やスープもいいですね。

善玉菌の助っ人である発酵食品は夕食時に摂ると効果的。

善玉菌の助っ人である発酵食品は、腸の動きが活発な夕食時に、何種類かを摂るととても効果があります。発酵食品は、納豆・ヨーグルト・チーズをはじめ、ぬか漬け・味噌・しょうゆやしめじ・エリンギ・まいたけなどのきのこ類や日本酒・ワインなどの酒類までたくさんあります。こちらの発酵食品も、知らない間に摂れそうですね。キムチやいかの塩辛なども発酵食品ですので、キムチ納豆やヨーグルト納豆など、発酵食品同士の組み合わせで効果もダブルです。

スポンサーリンク


【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

関連記事

便秘は病気じゃないし、大丈夫。

便秘は万病のもと 便秘は万病のもとと言われ、放っておくといろいろな病気を起こします。 1.便

記事を読む

腸が元気になる食材は、水分・食物繊維・良質の油。

腸を元気にする3つのポイント ★1 水分 1日 1.5~2リットルは飲み切ってしまいたいもの

記事を読む

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になりますね。便秘が続くと血液中の毒素が

記事を読む

弛緩性便秘(ちかんせいべんぴ)と、直腸性便秘

大腸の動きを活発化して、弛緩性便秘を解消しよう 常習性便秘のうち、弛緩性便秘は腸管の緊張が低下

記事を読む

弛緩性便秘、直腸性便秘、ストレス性便秘。

女性の二人に一人は便秘の症状 何日も出ない。なかなか出ない。毎日出るのにスッキリしない。お腹が

記事を読む

便秘を解消したいあなたに。

健康になるための食事療法は便秘解消の食事だった。 私は、10年以上ずっと下剤に依存してきましたから

記事を読む

老化防止と寿命をのばすHappy遺伝子。日野原重明先生の食習慣。

104歳になられる日野原重明先生の食習慣。 聖路加病院の日野原重明先生をご存知でしょうか。今も

記事を読む

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸に弱い大腸菌や病原菌の繁殖を抑

記事を読む

便秘をすると悪玉菌が増殖 “(-“”-)” 

善玉菌VS悪玉菌 悪玉菌は脂質を好みます。肉類やスナック菓子のように脂質が多くて食物繊維が少な

記事を読む

お母さんの腸内環境が、子供の健康や寿命に影響する?

お母さんの胎内にいるときに、腸内細菌をもらって生まれてきます 便は健康のサインと言われます。と

記事を読む

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸

便秘には毎日1個のアボカドで、自然なお通じ。

ダイエットを機に便秘 31歳の専業主婦です。私はもともと快便体質

急性の下痢と慢性の下痢…。対応と食事。

。 下痢の症状は便秘と逆? 確かに、下痢の症状は便秘と逆ですが、下

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になります

便秘には、水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。

水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。 これだけネッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑