*

お腹の中で乳酸菌が増える! 納豆ヨーグルト。

【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

088

ビフィズス菌と乳酸菌の代表選手はヨーグルト

腸内環境をよくするのは善玉菌ですね。善玉菌の代表といえばビフィズス菌や乳酸菌で、その乳酸菌が含まれる発酵食品の中でもヨーグルトは簡単でおいしくて有効的です。ヨーグルトを食べて毎日、腸に善玉菌を届けましょう。

乳酸菌飲料やデザートヨーグルトでもよいのですが、糖分が入っていて摂取カロリーが増えてしまいますので、プレーンヨーグルトをおすすめします。ちょっと多いと思われるでしょうが、理想は毎日200gです。プレーンヨーグルトは1パック400~450gですので、その半分くらいなのですが、食べられそうですか? サラダや料理にトッピングしたり、ピラフやリゾットにトッピングするのも以外においしいです。一度に200gが難しいようでしたら、何回かに分けて200g食べてみてはいかがですか。

納豆菌は乳酸菌を増やす働きがある。

そこで!、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖と合わせて食べるとよいのが、納豆です。ちょっと意外ですけれども、納豆は納豆菌による発酵食品で、この納豆菌が乳酸菌を増やす働きがあることで注目されています。いっしょに食べると乳酸菌が増えるのなら、どうかな?と思ったら、おいしい新食感です。レシピというほどのものではありませんが、ヨーグルト+納豆。本当に腸が喜びそうな食べ物ですね。

乳酸菌は善玉菌の代表で、ヨーグルト・キムチ・漬け物などの発酵食品に多く含まれていて、加熱してもその効果は変わらないようです。納豆は乳酸菌の数を増やしますから、どちらも積極的にとって、腸内環境を整えましょう。生まれつき腸内の善玉菌の数には個人差があって、一日の摂取量は一概にはいえません。お腹の調子が悪いときは、善玉菌の数が減っているサインですので、そんなときは納豆ヨーグルトですね。

腸に良いとはいえ、食物繊維や乳酸菌ばかり摂っていては、偏ってしまいます。腸の組織を構成するたんぱく質やほかの栄養素と一緒にバランスよくとることです。なにごともバランスが大事です。

朝1杯の水と汁物朝食

朝起きたら、コップ1杯の水(牛乳でも豆乳でもよい)を飲みましょう。空っぽの胃が刺激を受けて、たまった便が直腸へ送り出されます。(ただしストレス性便秘の方は温かい飲み物がいいです)。また、朝食はしっかりとりましょう。手早くできて水分も多い汁物メニューをおすすめします。おかゆや雑炊、野菜たっぷりスープ、シリアルと牛乳(またはヨーグルト)など、いろいろと楽しみながら自分のオリジナルを作ったり、何パターンかを繰り返すなどの工夫してみましょう。

スポンサーリンク


【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

関連記事

納豆・めかぶ・オクラの「ネバネバ三兄弟」で、便秘解消。

「ネバネバ三兄弟」は、腸スッキリ効果、血液サラサラ効果! 材料: 納豆1パック、めかぶ50g

記事を読む

乳酸菌と食物繊維の「寒天ヨーグルト」

材料:1日分 ヨーグルト200g 、粉末寒天4g。 作り方: 1.ヨーグルトに粉末寒天を入れる

記事を読む

寒天で食物繊維ドリンク。粉末寒天でチョー簡単。

水溶性食物繊維と水分補給がいっぺんに。 ところてんでお馴染みの寒天は、テングサやオゴノリなどを

記事を読む

想定外のおいしさ! 焼きバナナ。

オリゴ糖が増えると、免疫力と排便力がアップする。 バナナは太ると思っているあなた。本当は1本約90

記事を読む

アボカド豆腐。(アボカドの食物繊維と、豆腐のオリゴ糖)

材料:1日分 アボカド1/2個、豆腐1/4丁、しょうゆ少々 作り方: 1.アボカドを縦半分に切

記事を読む

なぜ、らっきょうは畑の薬といわれるのか? 

食物繊維がダントツトップのらっきょう。 野菜などの生の食品の中で、一番食物繊維が多いのは「らっ

記事を読む

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸

便秘には毎日1個のアボカドで、自然なお通じ。

ダイエットを機に便秘 31歳の専業主婦です。私はもともと快便体質

急性の下痢と慢性の下痢…。対応と食事。

。 下痢の症状は便秘と逆? 確かに、下痢の症状は便秘と逆ですが、下

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になります

便秘には、水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。

水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。 これだけネッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑