*

便秘を解消したいあなたに。

【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

188健康になるための食事療法は便秘解消の食事だった。

私は、10年以上ずっと下剤に依存してきましたから、何とか自然なお通じをといつも考えていました。2年前乳がんの手術を受けたときに、病院で食事療法の指導を受けたのですが、まさにそれが便秘解消になる食材・食事そのものだったのです。それまでは、食事に気を付けようと思ってはいたものの、改善できていませんでしたので、下剤が手放せなかったのも当然です。

それが、食事療法の指導を受けることで意識して食材を選び、たんぱく質・食物繊維・果物などをバランスよく。油もオリーブオイルやえごま油など良質のものを。お砂糖に替えてはちみつを…と。

健康になるための食事療法=便秘解消の食事。つまり腸が元気なら、身体も元気になるという事が分かったのです。

便秘対策は病気の予防になる

40代頃になると、がんや高血圧、糖尿病などの生活習慣病になるリスクがだんだん増えてきます。この生活習慣病を予防して、健康的に痩せるための方法は、便秘解消の方法とほぼ同じです。食物繊維や乳酸菌などで腸を健康にして、軽い運動や生活のリズムを整えると、便秘も解消しますが病気の予防にもなります。私が乳がんになった時に受けた食事療法が、便秘解消の食事と同じと感じた理由がお分かりになると思います。
●がん予防の食事
・鶏肉以外の肉類は週500g以内に抑える。
・塩分の多い食品を控え目にする。
・高カリー食品や甘い飲み物を控える。
・豆類、野菜、果物など食物性の食べ物を中心に摂る。
・野菜・果物を1日400g以上食べる。
・良質な油に替える。

便秘は放置したらだめ

便秘なんて病気じゃないし・・・。と、軽く考えていませんか? 先ほども言いましたが、「腸が元気なら、身体も元気」です。便は食べカスだけではありません。多くの老廃物が含まれていて、体内に長く停滞すると(=便秘)、腸内の悪玉菌が大量発生するので、たちまち腸内環境が悪化します。腸内には便に混じって大量の老廃物などの毒素がたまります。その毒素が腸壁の血管から吸収されると、肌荒れ・体臭・冷え性など全身に影響してしまいますから、早く解消して気分もスッキリしましょう。

悪循環

たっぷりの食物繊維や乳酸菌

女性のほぼ半分近くが便秘ぎみと聞きますが、女性のが便秘になりやすいわけは、男性の腸よりも女性の腸の方が長いので、排便までに時間がかかるからです。また、外出先などで便意をがまんしてしまったり、甘いものが大好きな女性も便秘になりやすいようです。確かに仕事場のトイレで大をするのは嫌ですよね。ですから、なるべく朝出かける前に済ませるように、時間に余裕を持って起きるようにしたいのですが、分かっちゃいるけど・・・。です。

特に、女性は黄体ホルモンが原因で生理前に便秘しやすく、ホルモンバランスの乱れが、自律神経に影響することもあります。そんなときは頑張りすぎないように、普段よりゆったり過ごしましょう。豆乳・納豆・豆腐などの大豆イソフラボンも、症状を和らげてくれます。生理前はリラックスするとよいですよ。

特にダイエットなどで、極端に食事量が少ないとか、お菓子やパンだけで食事を済ませてしまっている方は、便が少ししか作られないので便秘になってしまいます。たっぷりの食物繊維や乳酸菌は腸のために欠かせません。なんでも食品から摂るのがベストだと思うのですが、サプリメントで補うのも良いと思います。特に乳酸菌のサプリメントは、良いものがたくさんあります。

自分に合ったサプリメントの選び方

228みなさんがサプリメントを買うときの判断基準は何でしょうか?まず、サプリメントを購入するときは、成分内容の表示をキチンと確かめましょう。信頼のある、品質にこだわって製造しているメーカーは必ずそのような資料があります。私はやはり、有名メーカーのものを選ぶ方が失敗が少ないように思います。
138おすすめランキングや、売り上げのランキングなどにしても、何を基準に選んでいるかという根拠に乏しいものは、鵜呑みにせず自分でしっかり判断しましょう。サプリメントは医師が処方してくれるものではありませんので、あくまでも買う・買わないは自分の判断になります。しばらく服用して、効果がありそう…とか調子が良い感じであれば、自分に合っているという事になりますね。

特に乳酸菌は年齢とともに減り続け、毎日便からも出てしまうので、毎日補いながら腸内で増やしていきたいものです。ですので、継続することが大事です。食事から摂れるのでしたら、食事でとる。毎日の事ですので、摂りにくいものや、不足してしまうものはサプリメントを大いに活用したいものです。

【注目記事】人気の「善玉菌のチカラ」。実際に試したリアルな口コミ。

【人気記事】自分にぴったりの便秘解消法を考えよう。

関連記事

便秘をすると悪玉菌が増殖 “(-“”-)” 

善玉菌VS悪玉菌 悪玉菌は脂質を好みます。肉類やスナック菓子のように脂質が多くて食物繊維が少な

記事を読む

老化防止と寿命をのばすHappy遺伝子。日野原重明先生の食習慣。

104歳になられる日野原重明先生の食習慣。 聖路加病院の日野原重明先生をご存知でしょうか。今も

記事を読む

腸内細菌のバランスを整えよう。

美しい便はデトックスの原点。腸内のバランスを整えよう。 いつまでも便を腸内に溜めておくと腐敗が

記事を読む

便秘は病気じゃないし、大丈夫。

便秘は万病のもと 便秘は万病のもとと言われ、放っておくといろいろな病気を起こします。 1.便

記事を読む

トイレに座って5分以上いきむのはアウト? 

トイレが長いと・・痔になります。 うちの主人はトイレが長いんです。早くて10分、長い時は15分

記事を読む

弛緩性便秘(ちかんせいべんぴ)と、直腸性便秘

大腸の動きを活発化して、弛緩性便秘を解消しよう 常習性便秘のうち、弛緩性便秘は腸管の緊張が低下

記事を読む

腸が元気になる食材は、水分・食物繊維・良質の油。

腸を元気にする3つのポイント ★1 水分 1日 1.5~2リットルは飲み切ってしまいたいもの

記事を読む

便秘には、水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。

水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。 これだけネットで何でも情報が検索できる時代

記事を読む

適切に使えば、下剤も有効…。

便秘のタイプによって使い分ける 下剤を乱用するのはいけませんが、下剤そのものがいけないというのでは

記事を読む

離乳食を始めたころの赤ちゃんの便秘。子どもの便秘を予防するには。

子供の便秘は昔より増えている? 運動は腸を活性化するので、外で活発に遊ぶことが減った現代っ子や

記事を読む

動物性乳酸菌。生きたまま大腸に届かなくても頑張っている。

  主な乳酸菌の種類 乳酸菌は酸性の環境をつくるため、酸

便秘には毎日1個のアボカドで、自然なお通じ。

ダイエットを機に便秘 31歳の専業主婦です。私はもともと快便体質

急性の下痢と慢性の下痢…。対応と食事。

。 下痢の症状は便秘と逆? 確かに、下痢の症状は便秘と逆ですが、下

便秘が治ると…、冷え性・肌荒れも改善。

腸がキレイになると、肌も若返る。 肌荒れは、とても憂鬱になります

便秘には、水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。

水分・食物繊維・乳酸菌…何がいいかは皆知っている。 これだけネッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑